忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬の毛がよく抜ける 脱毛する


<スポンサードリンク>



hairloss.jpg犬は普段から冬毛、夏毛といって気温の上昇の変化によってよく脱毛します。

特に、初夏になると冬毛から夏毛に抜け替わることでいちじるしく脱毛する犬種も少なくありません。
これは換毛(かんもう)という一般的なことで病気ではありません。



寒暖の季節だけでなく、人間同様に犬の毛は少しずつ抜けかわっています。
ただ、初夏でもないのに普段よりも多く毛が抜けるようであれば、皮膚病やホルモン分泌異常、害虫の寄生などが考えられるかもしれません。


皮膚病の場合には原因も多く、脱毛だけではなく他の症状が出ていることも少なくありません。しっかりと原因をつきとめて適切な治療をすることが必要です。
そのためにはかかりつけの獣医師に相談することがベストです。


ホルモン分泌の異常の場合に多く見られるのが、両耳の毛が抜けて薄くなってきて、さらに四肢を除いた全身の左右対称に抜け落ちるケースです。これらはクッシング症候群というホルモン分泌の異常症状と考えられます。


犬のからだの部分的な脱毛の場合、アレルギーによる皮膚炎や外部からの寄生虫によることが多いようです。
特に真菌に感染した場合には円形状に数ミリから数センチ程度の大きさで脱毛します。


脱毛の原因は私たちでは見た目で判断できません。放置していたり、勝手に皮膚薬などを塗布して悪化させてしまったり、慢性化して症状をひどくすることも少なくありません。

初夏の脱毛以外で気になる脱毛であれば、早めに獣医師に相談しましょう。


<スポンサードリンク>



犬の毛がひどく抜ける時の病気とは…
青文字をクリックすれば詳細ページに移動します。

●毛が乾燥して脱毛する「クッシング症候群」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●部分的に脱毛したり極端に被毛が減る【脱毛症】‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●脱毛や赤い発疹でひどくかゆい【ノミアレルギー性皮膚炎】‥‥‥詳細を見る>>
●ダニの一種の毛包虫が寄生する【毛包虫症(アカラス)】‥‥‥‥詳細を見る>>
●水虫の近縁で円形に脱毛して人にも感染する【白癬】‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●脱毛して脱毛部分が黒ずんでいく【甲状腺ホルモン異常】‥‥‥‥詳細を見る>>
●抜け毛が増えて健康が損なわれて行く【内分泌性皮膚病】‥‥‥‥詳細を見る>>
●ダニの一種のヒゼンダニが寄生する【疥癬(ヒゼンダニ症)】‥‥詳細を見る>>
寄生虫による皮膚病 ●精巣の腫瘍 ●換毛


今、うちの仔はこんな症状だけど…

●なんだか元気がなさそう?………………………詳細を見る>>
●吐き気や嘔吐をしている…………………………詳細を見る>>
●うんちがやらかい、下痢している………………詳細を見る>>
●出血している………………………………………詳細を見る>>
●うんちが出ない、便秘している…………………詳細を見る>>
●おしっこが出ない、頻尿…………………………詳細を見る>>
●食欲がない、食べない……………………………詳細を見る>>
●呼吸が早い、荒い、咳が出る……………………詳細を見る>>
●なんだか熱っぽい…………………………………詳細を見る>>
●震えている、けいれんする………………………詳細を見る>>
●歩き方がおかしい…………………………………詳細を見る>>
●よだれが多い………………………………………詳細を見る>>
●からだをよく掻く、よく舐める…………………詳細を見る>>
●避妊、去勢を考える………………………………詳細を見る>>
●普段よりたくさん水を飲む………………………詳細を見る>>
●よく毛が抜ける、脱毛する………………………詳細を見る>>
●犬の脱水症状とその原因…………………………詳細を見る>>


●絶対おすすめ犬の薬のトップページはこちら ‥‥詳細を見る>>


トップページに戻る>>











PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]