忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬の精巣腫瘍(せいそうしゅよう)


<スポンサードリンク>



オス犬のかかる病気で、睾丸に腫瘍ができ膨れ上がることがあります。
犬の精巣にできる腫瘍には「精上皮腫」「セルトリ細胞腫」「間質細胞腫」があり、オス犬の場合には人間よりも発生率が高いのが現状です。


はっきりした原因はまだわかっていませんが、睾丸が陰嚢になく体内に留まっている睾丸停滞をしていると発症率が高くなるのではないかとも言われています。

病状のチェック

腫瘍細胞の増殖によって睾丸が膨れて大きくなります。また、腫瘍細胞が女性ホルモンを分泌するために、メス犬のように乳腺が大きくなったり、お腹のあたりの体毛が抜けることがあります。とくに間質細胞腫は老犬になると多く見られる腫瘍です。


痛みはなく、精巣(睾丸)を触ってみて、どちらか片側があきらかに大きさが違うようであれば腫瘍を疑う必要があるかもしれません。
犬の精巣の腫瘍の多くが良性ですが、悪性の場合には他の臓器に転移することもあるので獣医師に相談する必要があります。


診断と治療

女性ホルモンが分泌されるのでホルモン剤などの投与を行い、転移の危険性を回避するためにも腫瘍部分の切除手術を行うのが一般的です。


<スポンサードリンク>



生殖器の主な病気

メス犬のかかる病気
子宮に膿がたまりお腹がふくれる「子宮蓄膿症」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
乳腺部分にしこりができて熱をもつ「乳腺炎」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
赤く腫れたり、はみ出てしまう「膣の病気」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

オス犬のかかる病気
睾丸がふくらんでしまう「精巣腫瘍」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
ペニスの先から膿がでる「包皮炎」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
老犬に多く、痛みがはげしいこともある「前立腺炎」‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
大きくなると他の臓器を圧迫する「前立腺肥大」‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
尿がにごって血が混じる「前立腺膿瘍」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>


●感染症におすすめのの犬の薬のページはこちら ‥‥詳細を見る>>

●絶対おすすめ犬の薬のトップページはこちら ‥‥詳細を見る>>

トップページに戻る>>











PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]