忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

選択したカテゴリーの記事一覧
犬の気胸(ききょう)


<スポンサードリンク>



外傷性のケガや肺炎などによって、愛犬の胸の中に余分な空気が溜まってしまい呼吸困難をおこしてしまう病気が犬の気胸です。


犬の肺は、心臓などと共に肋骨に囲まれた胸腔の中でしっかりと守られている最も重要な臓器のひとつです。この胸腔は気管だけにたよって外気を取り入れているので、外傷などのケガで胸腔に穴などがあいてしまい空気が侵入してしまうと、肺が正常な呼吸で広がるのを妨げてしまいます。


また咳の衝撃で破れたり、肺炎や気管支炎の症状のある犬のように組織がもろくなっていて破れやすくなり気胸になるケースも少なくありません。
犬の胸腔に破れた部分から肺に空気がたまってしまい、呼吸による正常な肺の広がりができなくなって呼吸困難を起こす病気です。


病状のチェック

愛犬の呼吸が速く、しかも浅く荒々しくなり呼吸困難の症状があらわれます。
この状態の愛犬は、少しでも息がしやすいように胸郭を広げて、頑張って空気を取り込もうとするので見た目にも胸が大きく見えることがあります。


犬の症状も原因によってさまざまですが、よだれを垂らしたり、喀血吐血などをする場合もあります。また、胸部に痛みがある犬の場合には、触られたり動かされたりするだけでもいやがります。


気胸になっている犬は、運動することができなくなり胸郭を広げるように前足をつっぱって動こうとしなくなるようです。愛犬を無理に動かしたり興奮させるような事は避けてください。


診断と治療

犬の気胸の場合、呼吸の速く浅くなる症状を見ます。そして聴診打診などをおこなって診断します。場合によってはX線検査をおこないより詳細な症状や原因を調べます。


ごくごく軽い症状の犬の場合、できるだけ安静にさせ内科療法だけで治癒することも多いようです。しかし、症状が重く呼吸がしずらそうな犬の場合には、針やメスなどを使って胸腔部を切開して中に溜まっている空気を除去しなくてはなりません。
ケガや症状の度合いによっては連続的に空気が流入してしまい、空気の除去を何度となく行わなければならないこともあります。


呼吸困難がひどければ酸素吸入を必要とします。また、犬が事故などによるケガで胸部の損傷が重い場合には胸部切開手術などの外科療法を施さなければならなくなるような場合もあります。


<スポンサードリンク>



犬の主な呼吸器の病気

犬の鼻の病気
●鼻の粘膜が炎症をおこす【鼻炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●鼻炎を放置して鼻の奥まで炎症が広がる【副鼻腔炎】‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●ケガや血液の病気、感染症などが原因【鼻出血】‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の咽頭の病気
●口や鼻の内部の炎症がのどに広がる【咽頭炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の気管の病気
●主にウイルスや細菌の感染でひどい咳がでる【気管支炎】‥‥詳細を見る>>
●周囲の臓器の異常により気管が狭くなる【気管支狭窄】‥‥‥詳細を見る>>
●小型犬や短頭種の犬に多く気管がつぶれる【気管虚脱】‥‥‥詳細を見る>>

犬の肺の病気
●ウイルスや細菌感染により重い呼吸器の病【肺炎】‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●重量な働きをする肺胞がこわれ呼吸困難をおこす【肺気腫】‥詳細を見る>>
●肺の中に水がたまりむくみ呼吸困難をひきおこす【肺水腫】‥詳細を見る>>

犬の胸の病気
●ケガや肺炎によって胸の中に余分な空気がたまる【気胸】‥‥詳細を見る>>
●横隔膜が破れて臓器がはみ出る【横隔膜ヘルニア】‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●胸の内部をおおっている胸膜が炎症をおこす【胸膜炎】‥‥‥‥詳細を見る>>


トップページに戻る>>









PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]