忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

選択したカテゴリーの記事一覧
犬の肺炎(はいえん)


<スポンサードリンク>



犬にとってウイルスや細菌、寄生虫などの感染症がすすんでいくと、気管支と肺に重篤な炎症を併発することがあります。これが肺炎です。


一般的にジステンパーウイルスパラインフルエンザウイルスアデノウイルスなどのウイルス類や細菌、真菌などの感染によることが多いのが特長です。


冬期の乾燥していて寒い時期や雨の多い梅雨時に多く発症するといわれているので、この時期に愛犬が呼吸器の病気などを発症して進行すると肺炎に併発する恐れもあるので気をつけてください。


病状のチェック

犬の場合、一般的には肺と気管支が炎症をおこしておこる病気ですが、他にもいろいろな原因で発症しますし、炎症がおきる場所が特定できずにさまざまな場所でおきることもあります。


気管支炎や咽頭炎などの症状よりも重くなり、咳が頻繁に出ることが多く吐き気を誘発して呼吸困難になることもあります。呼吸音がゼーゼー音になり苦しそうに口をあけて、浅く早く呼吸をするようになることもあります。


呼吸困難と発熱を起こしやすいので、運動をいやがり食欲がなくなります。
愛犬は前足をつっぱった状態にして呼吸をする動作が多くなったり、身体を横にすることが苦しくなって寝ることができなくなる場合もあります。
無理な運動をしたり興奮するだけで呼吸困難をおこして倒れることもあります。


診断と治療

肺炎は症状自体が重いため、他の呼吸器の病気と見極める必要があり、X線検査胸部の聴診が有効とされています。また、場合によっては全身の検査をすることもあります。


感染などを避けるための内科療法を施します。薬剤をガスや蒸気にして吸わせる吸入療法酸素吸入なども必要になる場合もあります。


犬の生活においては、換気のようい空気のきれいな場所で安静が必要です。そして注意深く観察しなくてはいけません。


<スポンサードリンク>



犬の肺炎治療におすすめの医薬品

塩野義製薬のケフレックスのジェネリック薬で、セフェム系第一世代の抗生物質です。
本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。皮膚の感染、傷口の感染、骨の感染、肺炎、膀胱の感染などのバクテリア感染治療に処方されます。1日体重1kgあたりセファレキシンとして15mg(力価)を1日2回7日間経口投与。 ただし、2回の投与間隔を最低10時間とすること。
有効成分:Cephalexin(セファレキシン) メーカー:T.O.PHARMA


トフレックス(TOFLEX) 100錠

うさパラ価格 3,263円‥‥詳細を見る>>

            買えば買うほどお得なセット購入例!
2箱 うさパラ価格 5,801円‥‥詳細を見る>>
(1箱あたり2,901円とお得)

※為替レートの変動などで掲載している価格は目安として判断してください。
適正な価格は各商品ページでご確認ください。また、パッケージデザインなどの変更があることもご了承ください。



犬の主な呼吸器の病気

犬の鼻の病気
●鼻の粘膜が炎症をおこす【鼻炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●鼻炎を放置して鼻の奥まで炎症が広がる【副鼻腔炎】‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●ケガや血液の病気、感染症などが原因【鼻出血】‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の咽頭の病気
●口や鼻の内部の炎症がのどに広がる【咽頭炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の気管の病気
●主にウイルスや細菌の感染でひどい咳がでる【気管支炎】‥‥詳細を見る>>
●周囲の臓器の異常により気管が狭くなる【気管支狭窄】‥‥‥詳細を見る>>
●小型犬や短頭種の犬に多く気管がつぶれる【気管虚脱】‥‥‥詳細を見る>>

犬の肺の病気
●ウイルスや細菌感染により重い呼吸器の病【肺炎】‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●重量な働きをする肺胞がこわれ呼吸困難をおこす【肺気腫】‥詳細を見る>>
●肺の中に水がたまりむくみ呼吸困難をひきおこす【肺水腫】‥詳細を見る>>

犬の胸の病気
●ケガや肺炎によって胸の中に余分な空気がたまる【気胸】‥‥詳細を見る>>
●横隔膜が破れて臓器がはみ出る【横隔膜ヘルニア】‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●胸の内部をおおっている胸膜が炎症をおこす【胸膜炎】‥‥‥‥詳細を見る>>


トップページに戻る>>








PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]