忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬の熱がある 発熱 熱っぽい


<スポンサードリンク>



  犬の正常な体温は、約38.3〜39.2と言われています。
人間と比べると約1.5度〜2度ほど高いのが当たり前のようです。


でも、興奮したり運動したりすれば当然体温は上昇しますが、運動もしていないのになんとなく熱っぽい感じがする時があるかもしれません。
そんなときは、何らかの病気や感染症を発病しているかもしれません。


犬の平熱の測り方としてオーソドックスな測り方は、ひたいや耳のつけねを指で触ってみていれば普段より高いとか低いがわかるはずです。
正確な体温の測定をするならば、やはり肛門から測るのがいいでしょう。


最近ではデジタル式の体温計も市販されていますから、犬の肛門に先端を入れて測ればかなり正確な体温が測定できます。人間でも女性用など専門的なものもあるので、犬用の体温計があれば万全です。


「なんとなく元気がない」「食欲がないみたい」「呼んでも反応がない」「歩き方がおかしい」
こんな場合は、発熱していることも考えられます。
真夏であれば熱中症という怖い病気のケースも考えられます。


犬の発熱って何でしょう?
飼い主の皆さんに覚えていてほしいのは、愛犬が発熱する場合は病気になったということではなく、その病気の兆候を表しているということ。
つまりは、犬が発熱をするのは「病気になっているんだよ」というサインなんです。
解熱剤などで一時的に熱を下げることはできるでしょうけど、根本の治療をしなければ危険があるかもしれないというサインなんです。



<スポンサードリンク>



犬が熱を出して心配しなければならない病気とは…
※青文字をクリックすると詳細がわかります。

●ウイルスや細菌に感染して気管に炎症をおこす‥‥‥‥‥気管支炎 
●ウイルスや細菌、寄生虫などが感染源‥‥‥‥‥‥‥‥‥肺炎 
●尿路が細菌などに感染して炎症をおこす‥‥‥‥‥‥‥‥尿路感染症 
●子宮が細菌に感染して炎症をおこし内部に膿が溜まる‥‥子宮蓄膿症 
●出産後の授乳期におこりやすく乳腺にしこりができる‥‥乳腺炎 
●老犬に多くみられ前立腺が細菌に感染する‥‥‥‥‥‥‥前立腺炎 
●細菌に感染して前立腺が化膿してうみがでる‥‥‥‥‥‥前立腺膿瘍 

●感染症 ●熱中症 ●中毒 ●炎症性の病気


今、うちの仔はこんな症状だけど…

●なんだか元気がなさそう?………………………詳細を見る>>
●吐き気や嘔吐をしている…………………………詳細を見る>>
●うんちがやらかい、下痢している………………詳細を見る>>
●出血している………………………………………詳細を見る>>
●うんちが出ない、便秘している…………………詳細を見る>>
●おしっこが出ない、頻尿…………………………詳細を見る>>
●食欲がない、食べない……………………………詳細を見る>>
●呼吸が早い、荒い、咳が出る……………………詳細を見る>>
●なんだか熱っぽい…………………………………詳細を見る>>
●震えている、けいれんする………………………詳細を見る>>
●歩き方がおかしい…………………………………詳細を見る>>
●よだれが多い………………………………………詳細を見る>>
●からだをよく掻く、よく舐める…………………詳細を見る>>
●避妊、去勢を考える………………………………詳細を見る>>
●普段よりたくさん水を飲む………………………詳細を見る>>
●よく毛が抜ける、脱毛する………………………詳細を見る>>
●犬の脱水症状とその原因…………………………詳細を見る>>


●絶対おすすめ犬の薬のトップページはこちら ‥‥詳細を見る>>


トップページに戻る>>









PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]