忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬の腸閉塞(ちょうへいそく)


<スポンサードリンク>



犬の腸閉塞とは、腸に何かがつまってしまい腸の働きが悪くなることをいいます。腸がつまってその内容物が動かなくなると、死亡することもあります。


大きな異物がつまるというだけではなく、糸くずやビニール袋の切れ端、ボタンやパチンコ球など小さなものでも腸に蓄積して腸閉塞をおこすこともあるんです。異物だけではなく、ジステンパーや腸内の寄生虫が原因で腸捻転がおこって、腸がたたまられるような状態(腸重積)になることもあります。


また、リンパ肉腫や線がんなどの腫瘍が腸管を閉塞させたり、別の臓器が何らかのの原因で大きく肥大して腸を圧迫しておこることもあります。


症状のチェック

犬が腸閉塞になると嘔吐をもよおします。さらには腹部が痛そうなしぐさをしたり、元気がなくなったり、食欲がなくなったり、水をよく飲んだりする症状があらわれます。


腸が完全に閉塞していない限り、なんとか糞便ができる状態ですが、完全に閉塞した場合には、犬は水分の動きえ止まってしまうために体内の水分バランスが崩れ、腎臓などに障害がおこることになります。さらには死亡することもあります。
早期発見、早期治療が必要な病気のひとつです。


診断と治療・予防法

犬の腹部の触診でわかることもありますが、通常はX線検査をおこなって診断します。でも、閉塞の原因がX線に映りにくい糸クズなどの場合もあるので、バリウム造影をおこなって腸の閉塞を確認することになる場合もあります。


腸閉塞は早期に発見できないと治療も難しくなる病気なんです。
腸閉塞と診断されると、犬のほとんどが外科手術によって原因を除去する必要があります。高齢犬・老犬などは末期になって気づいて病院にいっても死亡率が高くなることを覚えておきましょう。


異物を飲み込むことが多いのは子犬の頃が一番多いので、異物を食べそうな位置に置かないことが先決です。人間の赤ちゃん同様、タバコやライターなども届かないところに置いてあげてください。
どうしても注意深く見ることができないときは、必ずケージやリードなどをして犬の動く範囲を制御するといいでしょう。


<スポンサードリンク>



犬の主な消化器の病気

○食道の病気
食道が大きくなり食べ物を飛ばすように吐く【巨大食道症】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

○胃と腸の病気
胃の粘膜が炎症をおこして繰り返し吐く【急性胃腸炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
胃粘膜が慢性的な異常をおこしたびたび吐く【慢性胃腸炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
お腹がふくれて苦しい緊急治療が大事な死ぬ病【胃拡張と胃捻転】‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
胃の粘膜がただれ、やがて穴があいてしまう【胃潰瘍】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
胃の出口部分に問題が生じて食後によく吐く【幽門部の病気】‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
急性の下痢症状で暗赤色の血便がでる【出血性胃腸炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
腸の粘膜が炎症をおこし嘔吐や下痢を繰り返す【慢性腸炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
食べたものや寄生虫によって激しい下痢を繰り返す【下痢症】‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
異物を呑み込んで腸になにかが詰まる【腸閉塞】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

○すい臓の病気
すい臓に障害が生じて脂肪を含む大量の便を出す【すい外分泌不全】‥‥‥‥詳細を見る>>

○肝臓の病気
肝臓の病気のまとめ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

○肛門の病気
肛門の病気のまとめ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>


トップページに戻る>>











PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]