忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬の胸膜炎(きょうまくえん)


<スポンサードリンク>



犬の呼吸器の中でも、重要な肺などが納められた胸腔の内側を覆っている膜を胸膜といい、その胸膜の一部ないしは全部が炎症をおこしてしまう病気が胸膜炎です。
症状が進行すると呼吸困難をおこし、時には死亡してしまうこともある病気です。


おもな原因としてあげられるのがウイルスや細菌、真菌などの感染が考えられます。細菌からの感染の場合は感染源となる細菌の種類も多いのですが、ウイルス感染の場合はだいたいがイヌ伝染性肝炎ウイルスが原因とされています。

その他には、胸部の外傷、胸腔内の腫瘍なども胸膜炎の原因とされています。


病状のチェック

軽い症状の犬の場合は、呼吸がいくらか荒くなる程度の変化しか見られません。
症状が重くなっている犬の場合は、前足をつっぱる姿勢で呼吸をしたり、運動することを嫌がるようになって呼吸困難の症状が出てきます。


胸膜炎のみで他の呼吸器系の病気にかかっていない場合は鼻汁は出しませんが、時々咳をすることもあります。さらに進行すると犬は発熱することがあります。
この時点で食欲がなくなり、元気もなくなります。
やがて呼吸困難が激しくなり、死亡することも考えられます。


診断と治療

胸膜炎特有の症状があるかを診断してみたうえで、胸部の聴診打診を行います。
同時に、胸部のX線検査をおこなって他の疾患の有無などを確認します。


胸膜炎が進行している犬の場合、胸腔の内部に液体が溜まった状態になっているとX線検査で胸膜炎とはっきりと診断することができます。


治療法としては、犬は発熱などを併発しやすいので、全身に対する内科療法をおこないます。胸腔内部に溜まった液体(滲出液=しんしゅつえき)は針などを胸腔に差して取り除く処置をします。


愛犬の家での生活は、他の呼吸器系の病気と同様に清潔で空気の流れのある場所で、興奮しないように安静にさせることです。


<スポンサードリンク>



犬の主な呼吸器の病気

犬の鼻の病気
●鼻の粘膜が炎症をおこす【鼻炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●鼻炎を放置して鼻の奥まで炎症が広がる【副鼻腔炎】‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●ケガや血液の病気、感染症などが原因【鼻出血】‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の咽頭の病気
●口や鼻の内部の炎症がのどに広がる【咽頭炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の気管の病気
●主にウイルスや細菌の感染でひどい咳がでる【気管支炎】‥‥詳細を見る>>
●周囲の臓器の異常により気管が狭くなる【気管支狭窄】‥‥‥詳細を見る>>
●小型犬や短頭種の犬に多く気管がつぶれる【気管虚脱】‥‥‥詳細を見る>>

犬の肺の病気
●ウイルスや細菌感染により重い呼吸器の病【肺炎】‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●重量な働きをする肺胞がこわれ呼吸困難をおこす【肺気腫】‥詳細を見る>>
●肺の中に水がたまりむくみ呼吸困難をひきおこす【肺水腫】‥詳細を見る>>

犬の胸の病気
●ケガや肺炎によって胸の中に余分な空気がたまる【気胸】‥‥詳細を見る>>
●横隔膜が破れて臓器がはみ出る【横隔膜ヘルニア】‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●胸の内部をおおっている胸膜が炎症をおこす【胸膜炎】‥‥‥‥詳細を見る>>


トップページに戻る>>







PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]