忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬の胃拡張 胃捻転(いかくちょう いねんてん)


<スポンサードリンク>



犬の胃の病気の中でも胃拡張と胃捻転は緊急性が非常に高い病気で、そのままにしておくとほとんどが死亡する病気です。


犬の胃拡張は主に食べ過ぎ、胃の中にガスと液体が溜まることで発酵することが原因でひきおこされます。食べ過ぎでなる胃拡張は若い犬に多く、ガスなどが溜まる胃拡張は高齢犬・老犬に多くおこりやすいといわれています。
胃拡張になると胃が異常に大きくなり、胃に血液が流れにくくなってしまいます。
当然、犬の胃に酸素などが回らなくなって循環不全を起こします。


犬の胃捻転は食餌をガッツリと食べる犬種に多くおこります。それも早く食べてしまう早食いがちの犬にです。食後に大量の水も飲む場合にはなおさら注意が必要です。
特にドライフードを食餌で与えている場合の食後のガブ飲みはよくありません。
食後すぐの運動も胃捻転をおこしやすいのでいけません。


胃捻転になると、胃の中の発酵したガスが胃の一部をねじるように回転してしまう状態のことをいいます。犬の胃拡張同様に血流を妨げるので危険性の高い病気です。


症状のチェック

犬の胃拡張や胃捻転は主に大型犬に多くみられ、特に高齢犬・老犬になるにつれ目立つ症状です。
ガッツリと早食いするため多くの空気も一緒に飲み込みます。そのため胃の内部にガスがたまり、愛犬は腹部がふくれて苦しそうな態度をとるようです。
胃拡張の場合は、水を大量に飲んだり、たまにゲップ嘔吐する症状があらわれます。嘔吐物は黄色っぽいものが多いようです。


胃捻転の場合は吐く姿勢をとっても吐けない場合が多く苦しがります。
まれに嘔吐するとその嘔吐物はコーヒーのように茶褐色で悪臭がします。
次第に元気がなくなり食欲低下お起こします。また、よだれを大量に出すこともあります。


診断と治療・予防法

胃拡張なのか胃捻転なのかは症状からははっきり断定できません。そのためX線検査をして区別をすることになります。
胃捻転であればすばやく外科手術をおこなう必要になります。


早期の治療をしないかぎり犬の多くは死亡します。緊急性の高い病気の代表格といっていいでしょう。
胃拡張の場合、輸液をおこない胃の中のガスをチューブや針を使って抜きます。
胃捻転の場合は開腹をして症状の部位の捻転をもとの位置にもどす手術を行います。犬の状態にもよりますが、手術には大量の輸液をおこないます。さらに心臓の働きが悪くなって不整脈をおこしているケースも多く、血液が全身にうまく循環していない循環不全を起こしているケースも多く、その治療も同時に行います。


犬の胃捻転は発見の時期が肝心で、時期が遅くなってしまえばしまうほど死亡確立が急上昇する恐ろしい病気です。


特にシェパード、コリー、ボルゾイなどの胸が薄くて胃が深い場所にある大型犬によく見られる症状です。また、小型犬・中型犬のダックスフンドやペキニーズ、コッカースパニエルなどにもなりやすい病気だと言われています。
食餌を旨そうに食べたなっと思ったのに急に元気がなくなった場合は、この病気を疑ってみてください。


予防法としては食餌をゆっくり食べさせる事が必要です。それでもガッツリ早食いしてしまうようだったら、食餌の量を数回に分けて与えるようにします。また、食後に大量の水を飲ませないことが必要です。
さらに、食後は運動をさせずに極力安静にさせましょう。
ドライフードの場合はあらかじめお湯などで柔らかくして2〜3粒づつ食べさせることから始めてみてください。


<スポンサードリンク>



犬の主な消化器の病気

○食道の病気
食道が大きくなり食べ物を飛ばすように吐く【巨大食道症】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

○胃と腸の病気
胃の粘膜が炎症をおこして繰り返し吐く【急性胃腸炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
胃粘膜が慢性的な異常をおこしたびたび吐く【慢性胃腸炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
お腹がふくれて苦しい緊急治療が大事な死ぬ病【胃拡張と胃捻転】‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
胃の粘膜がただれ、やがて穴があいてしまう【胃潰瘍】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
胃の出口部分に問題が生じて食後によく吐く【幽門部の病気】‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
急性の下痢症状で暗赤色の血便がでる【出血性胃腸炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
腸の粘膜が炎症をおこし嘔吐や下痢を繰り返す【慢性腸炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
食べたものや寄生虫によって激しい下痢を繰り返す【下痢症】‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
異物を呑み込んで腸になにかが詰まる【腸閉塞】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

○すい臓の病気
すい臓に障害が生じて脂肪を含む大量の便を出す【すい外分泌不全】‥‥‥‥詳細を見る>>

○肝臓の病気
肝臓の病気のまとめ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

○肛門の病気
肛門の病気のまとめ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>


トップページに戻る>>


胃腸をサポートするおすすめサプリメント

消化器系の健康維持に有効なハーブをブレンドしたサプリメント
スリッペリーエルム、マシュマロウ、ダンデライオンなど消化器系の健康維持に有効なハーブをブレンドしました。新鮮でバランスの良い食事を与え、消化器が 健康であれば食事に含まれる必要不可欠な栄養素を消化吸収できるため、健康な毛並み・心臓・歯・骨・皮膚・免疫・活力を維持することができます。給与目安量(1日量)体重 5kg 添付スプーン1/2杯。

ヒルトンハーブ ガストリックス
●50g POCHI価格3,456円 ‥‥詳細を見る>>
●125g POCHI価格6,912円 ‥‥詳細を見る>>



5種類の消化酵素に加え、善玉腸内細菌、ミルクオリゴ糖、リゾチーム、キチンキトサンの相乗効果で健全な消化器の働きをサポートします
5種類の消化酵素に加え、善玉腸内細菌、ミルクオリゴ糖、リゾチーム、キチンキトサンの相乗効果で健全な消化器の働きをサポートします。 未消化のタンパク質が、免疫系により異種タンパク質と判断され起こるアレルギーにもおすすめします。ダイジェスティブサポートは、フードやサプリメントの本来持つ力を100%引き出す事を目的として開発されました。給与目安方法(1日量)体重10kg前後約2g~4gをフードに混ぜて与えます。

アミノコンプレックス ダイジェスティブサポート
●100g POCHI価格 6,205円 ‥‥詳細を見る>>
●500g POCHI価格 19,159円 ‥‥詳細を見る>>

※為替レートの変動などで掲載している価格は目安として判断してください。
適正な価格は各商品ページでご確認ください。また、パッケージデザインなどの変更があることもご了承ください。








PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]