忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬の肺水腫(はいすいしゅ)


<スポンサードリンク>



犬の肺の中に水が溜まるために肺がむくんで、酸素と二酸化炭素の交換がスムーズに行われなくなって呼吸困難になります。


肺の働きを一手に補っているのが細気管支や肺胞といった肺の周りにある貴重な部分です。その貴重な部分に水が溜まってむくんだ状態になること、つまり浮腫(ふしゅ)をおこす状態を肺水腫といいます


肺胞は水分に邪魔されてしまい、酸素と二酸化炭素の交換を補っているのにできなくなるために、犬は呼吸困難におちいります。
気管支など周囲の炎症がひどくなって肺水腫になることもあるんです。


気管支炎などのほかに、刺激性の強いガスや薬品の誤飲なども考えられます。さらには、心臓疾患によるうっ血なども肺水腫を起こす原因とされています。
とくに僧帽弁閉鎖不全の症状がある小型犬などによく見られる症状です。


病状のチェック

肺水腫は一般的に、何らしかの病状にすでに疾患している犬がかかる病気とされており、そのもとの病気の症状によって身体に表れる症状も変化します。


軽い症状の犬の場合には、運動をしたり興奮したりした時に軽い咳が出るなどの症状や、咳なのかわからない程度の咳をする程度です。
吐き気や異物が喉に絡まっているときの症状と混同するほど似ているので注意が必要です。


犬も重症になるとゼーゼーと呼吸音がしたり、呼吸の仕方が早くて浅い状態になります。
咳は頻繁に起こるようになり昼夜止まらなくなることあります。
呼吸困難から愛犬はよだれを多く流すようになり口を開けたまま苦しい姿勢になります。
少しでもラクな姿勢を取ろうと前足をつっぱった状態にしたり、落ち着かずに歩き回ったりします。


診断と治療

愛犬の咳の度合い、呼吸困難などを見た目から判断することと、心臓や肺の聴診により肺水腫の診断を行います。
他の心臓疾患や呼吸器の病気を併発していないかはX線検査などを行って慎重に検査します。心電図血液検査をする必要になる場合もあります。


肺水腫の犬の場合は肺に溜まった水分などを除去する必要があるため、まずは利尿剤などを使った内科療法を施します。呼吸困難がひどい犬の場合には呼吸を和らげるための酸素吸入が必要になることもあります。

もし、心臓やその他の臓器に異常などがあれば、その治療も同時に行うことになるでしょう。僧帽弁閉鎖不全などを併発している犬の場合には、咳を抑える内科療法が必要になるケースもあります。


急性の肺水腫は死亡するケースも多いので、愛犬が「なんだかおかしい?」と思った時点で早急な治療が必要になります。獣医師に行く前に電話で相談して指示をあおぐといいでしょう。


<スポンサードリンク>



犬の肺水腫におすすめの利尿剤


心臓病や肺水腫などの治療に使われる、非常に強い利尿剤です。
ラシックスの成分フロセミドはループ利尿薬で、ヘンレループと呼ばれる腎臓の付近で働きます。塩素イオン、ナトリウム、カリウム、水の吸収を妨げ、尿の増加に結びつかないようにします。体重1kgあたり2~6mgを、1日につき1~4回与えます。
主成分:フロセミド40mg メーカー:アベンティス


ラシックス(Lasix) 90錠
Petくすり価格 2,308円 ‥‥詳細を見る>>

            買えば買うほどお得なセット購入例!
2箱 Petくすり価格 4,400円 ‥‥詳細を見る>>
(1箱あたり2,200円とお得)


※為替レートの変動などで掲載している価格は目安として判断してください。
適正な価格は各商品ページでご確認ください。また、パッケージデザインなどの変更があることもご了承ください。



犬の主な呼吸器の病気

犬の鼻の病気
●鼻の粘膜が炎症をおこす【鼻炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●鼻炎を放置して鼻の奥まで炎症が広がる【副鼻腔炎】‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●ケガや血液の病気、感染症などが原因【鼻出血】‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の咽頭の病気
●口や鼻の内部の炎症がのどに広がる【咽頭炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の気管の病気
●主にウイルスや細菌の感染でひどい咳がでる【気管支炎】‥‥詳細を見る>>
●周囲の臓器の異常により気管が狭くなる【気管支狭窄】‥‥‥詳細を見る>>
●小型犬や短頭種の犬に多く気管がつぶれる【気管虚脱】‥‥‥詳細を見る>>

犬の肺の病気
●ウイルスや細菌感染により重い呼吸器の病【肺炎】‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●重量な働きをする肺胞がこわれ呼吸困難をおこす【肺気腫】‥詳細を見る>>
●肺の中に水がたまりむくみ呼吸困難をひきおこす【肺水腫】‥詳細を見る>>

犬の胸の病気
●ケガや肺炎によって胸の中に余分な空気がたまる【気胸】‥‥詳細を見る>>
●横隔膜が破れて臓器がはみ出る【横隔膜ヘルニア】‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●胸の内部をおおっている胸膜が炎症をおこす【胸膜炎】‥‥‥‥詳細を見る>>



トップページに戻る>>








PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]