忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬の肺気腫(はいきしゅ)


<スポンサードリンク>



重要な働きを肺の中でしている肺胞が異常に膨らんで、必要以上に空気を取り込むようになるため、呼吸困難を起こしてしまう犬の病気です。


何らかの原因で肺胞が以上に広がるため、通常よりも多くの酸素を含んで緊張します。そのまま進むと肺胞自体が壊れてしまいおこるのが肺気腫です。
気管支炎や腫瘍などの影響で気管が狭くなったり、閉じてしまうとその周りの肺胞が部分的に病んで肺気腫になります。


他には、急激な咳などの発作により肺胞が緊張して急性の肺気腫をおこす場合や、慢性的な呼吸疾患がある犬などが急激な運動をしたために肺胞を酷使して肺気腫になることもあります。


病状のチェック

急性の肺気腫の犬の場合、口や鼻から泡状のものを噴いたりよだれを出し、急激な呼吸困難をおこすため非常に苦しみます。重篤な場合はそのまま死ぬケースもあります。


慢性の場合でも、ちょっと運動をしたり、動いたりしただけで呼吸困難を起こします。息を吸うときよりも吐く時が苦しそうな表情を見せることが多く、呼吸が正常に戻るまでにかなり時間を要すことがあります。
こうなると愛犬にとって運動や散歩は非常に難しいでしょう。


呼吸がしにくい症状が目立たなくても、徐々に病状が進行するケースがあるので、愛犬が気管の病気だと思う場合は、早めに獣医の診断をあおぎましょう。



診断と治療

聴診、打診でわかります。また、息を吐くときに苦しむ特徴があるので犬のしぐさでもわかることがあります。
ついでにX線検査をして他の呼吸器疾患の有無をしらべておくことも診断の手助けにもなります。


気管支炎や腫瘍、外から受けたケガなどによって発症した肺気腫の場合、原因となるものが除去されれば自然に治ってくれることが多いようです。
しかし、原因が何なのかはっきりと診断できず、肺胞が広範囲に壊れてしまっているような場合には有効な内科療法はありません。
病状をそれ以上に進行しないような保存療法がメインの治療になることがあります。


愛犬は静かで空気のきれいな環境で安静にして休ませることが必要で、場合によっては酸素吸入などが必要になる場合もあります。


<スポンサードリンク>



犬の気管支炎におすすめの医薬品

アジー(AZEE)は、ファイザー社のジスロマックのジェネリック薬。細菌の蛋白質の合成を阻害し増殖を防ぐ働きがあります。
急性の気管支炎の原因で圧倒的に多いのは、ライノウイルス、アデノウイルス、インフルエンザウイルスなどのウイルス感染や、マイコプラズマなどのウイルス以外の病原体により引きおこされるものです。アジー250mgはマイコプラズマやクラミジアを代表とする、 細菌を殺菌するお薬で細菌が原因のいろいろな病気に用いる抗生物質です。体重1kgあたり5〜10mgを経口で1日1回7日間まで与えます。
有効成分:Azithromycin(アジスロマイシン) メーカー:シプラ


アジー(AZEE)

●100mg 60錠 Petくすり価格 3,238円‥‥詳細を見る>>
●250mg 60錠 うさパラ価格 2,767円‥‥詳細を見る>>
●500mg 30錠 Petくすり価格 4,948円‥‥詳細を見る>>
●1000mg 10錠 Petくすり価格 3,418円‥‥詳細を見る>>


※為替レートの変動などで掲載している価格は目安として判断してください。
適正な価格は各商品ページでご確認ください。また、パッケージデザインなどの変更があることもご了承ください。


犬の主な呼吸器の病気

犬の鼻の病気
●鼻の粘膜が炎症をおこす【鼻炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●鼻炎を放置して鼻の奥まで炎症が広がる【副鼻腔炎】‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●ケガや血液の病気、感染症などが原因【鼻出血】‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の咽頭の病気
●口や鼻の内部の炎症がのどに広がる【咽頭炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の気管の病気
●主にウイルスや細菌の感染でひどい咳がでる【気管支炎】‥‥詳細を見る>>
●周囲の臓器の異常により気管が狭くなる【気管支狭窄】‥‥‥詳細を見る>>
●小型犬や短頭種の犬に多く気管がつぶれる【気管虚脱】‥‥‥詳細を見る>>

犬の肺の病気
●ウイルスや細菌感染により重い呼吸器の病【肺炎】‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●重量な働きをする肺胞がこわれ呼吸困難をおこす【肺気腫】‥詳細を見る>>
●肺の中に水がたまりむくみ呼吸困難をひきおこす【肺水腫】‥詳細を見る>>

犬の胸の病気
●ケガや肺炎によって胸の中に余分な空気がたまる【気胸】‥‥詳細を見る>>
●横隔膜が破れて臓器がはみ出る【横隔膜ヘルニア】‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●胸の内部をおおっている胸膜が炎症をおこす【胸膜炎】‥‥‥‥詳細を見る>>


トップページに戻る>>








PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]