忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬の鼻出血(びしゅっけつ)


<スポンサードリンク>



文字通り、犬の鼻からの出血を帯びる症状をいいます。
この鼻出血の原因が鼻腔にある場合とそうでない場合とが考えられます。


まず、鼻腔にトラブルがある場合を想定すると、自動車や固いものとの接触により顔面やその周囲を強打して、打撲や骨折をおこして鼻血を出すことが考えられます。
また、鼻腔内部に腫瘍などができて出血を起こすケースも考えられます。


犬は強打するような外傷性の出血の場合は、急激に多量の出血が見られることが多く、腫瘍などの場合には少量の出血が継続的に起こることが多いです。


その他の場合に考えられるのが、血液の病気中毒感染症などのケースがあり、こうした場合には直接的には鼻腔に原因がなくても、鼻の粘膜から出血しやすいため、鼻血がだらだらと止まらずに出血し続ける症状になることが多いようです。


症状のチェック

人間と同様に、犬も鼻から血を流すことがあります。これを鼻出血というのですが、原因や程度により出血のしかたがかなり違ってくるものです。


ドバーッと見た目にも多い量の鮮血が出る鼻血、何日も微量ながら出る鼻血など出血のかたちにより診断が異なるものです。
いずれにせよ犬が鼻から出血していれば、緊急に獣医師に診断してもらうことが必要になります。


鼻腔を血液が遮断して息苦しくなり呼吸が荒くなったり、犬が鼻を気にして足でこすりつけたり、鼻周辺を触られるのをいやがり噛むしぐさを見せたりと犬自身がかなり動揺してくるものです。
いずれにせよ犬が出血をするという時点で、緊急性があるものと認識して獣医師に相談してください。


診断と治療

まず鼻出血をしたならば、飼い主が愛犬の出血の量や出血している時間などを十分に観察してください。なぜなら動物病院の獣医師は、飼い主の証言を元に鼻腔の検査をするからです。
鼻腔の検査をして、なおかつ必要であれば全身の診療をします。


軽いケガが原因で少量の鼻出血である場合いは、安静にしていることでほとんどが自然に止まって治癒します。ただし、飼い主が人間の鼻血の止血のようにティッシュや綿棒などを愛犬の鼻腔に押し込んで止血しようとすると、それがあだとなりかえって出血を大きくするケースもあります。


出血のために血圧が低下して犬がぐったりとするケースの場合は、全身に重大な病気があるケースを考えなくてはなりません。内科療法だけでなく緊急の外科的療法を施す必要があることもあります。


治療を施しても鼻出血が止まらないケースの場合、全身的な病気や腫瘍などに犯されている場合が多く、治療が困難になることもあります。


<スポンサードリンク>



犬の主な呼吸器の病気

犬の鼻の病気
●鼻の粘膜が炎症をおこす【鼻炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●鼻炎を放置して鼻の奥まで炎症が広がる【副鼻腔炎】‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●ケガや血液の病気、感染症などが原因【鼻出血】‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の咽頭の病気
●口や鼻の内部の炎症がのどに広がる【咽頭炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の気管の病気
●主にウイルスや細菌の感染でひどい咳がでる【気管支炎】‥‥詳細を見る>>
●周囲の臓器の異常により気管が狭くなる【気管支狭窄】‥‥‥詳細を見る>>
●小型犬や短頭種の犬に多く気管がつぶれる【気管虚脱】‥‥‥詳細を見る>>

犬の肺の病気
●ウイルスや細菌感染により重い呼吸器の病【肺炎】‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●重量な働きをする肺胞がこわれ呼吸困難をおこす【肺気腫】‥詳細を見る>>
●肺の中に水がたまりむくみ呼吸困難をひきおこす【肺水腫】‥詳細を見る>>

犬の胸の病気
●ケガや肺炎によって胸の中に余分な空気がたまる【気胸】‥‥詳細を見る>>
●横隔膜が破れて臓器がはみ出る【横隔膜ヘルニア】‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●胸の内部をおおっている胸膜が炎症をおこす【胸膜炎】‥‥‥‥詳細を見る>>


サイト全体を見るなら‥‥‥サイトマップ>>









PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]