忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬の鼻炎(びえん)


<スポンサードリンク>



犬の鼻の中の粘膜が炎症を起こす病気です。


一番にウイルスや細菌の感染が原因によるものと考えられます。
乾燥しやすい冬期の冷たい気候の中では、鼻粘膜が刺激されやすく細菌感染をおこしやすくなります。また、アルコール消毒薬などの刺激臭のある薬品や煙、ガスホコリといった細かい異物などを吸引することにより炎症を起こすことがあります。


その他にも鼻腔内部の腫瘍、事故などで鼻腔周辺の骨折外傷なども考えられます。また、愛犬の上あごにある犬歯周辺の化膿歯肉炎が鼻炎を引き起こすこともあります。


最近では、犬も人間同様にアレルギー性の鼻炎もあるのではないかといわれています。


病状のチェック

愛犬の鼻炎の状態によりますが、軽い場合には水のような鼻汁が微量にでます。それが乾いて鼻のまわりにこびりつく程度です。くしゃみも頻繁ではなく時々する程度で、くしゃみで鼻汁を飛ばしたり、軽い痛みがある場合は鼻を気にしてこすりつけたり、前足で触ってみたりします。


鼻炎が重くなると鼻汁が水ではなく、膿みのように濃くなり血が混じるようなこともあります。こうなってくると鼻の外側もただれてくるため、犬は鼻を気にして前足でこすりつける動作が増えてきます。


鼻炎によって鼻腔の粘膜が腫れてきて鼻汁が出るようになると、鼻腔が狭くなってしまうために呼吸困難になって、口を開けたまま呼吸をしたり、ゼーゼーよいう呼吸音が聞こえるようになります。


診断と治療

犬の鼻炎そのものの診断は難しいものではありませんが、鼻炎以外の病気が併発しているケースの場合には、鼻炎の治療に際して重要な診断をしなければなりません。
特にジステンパーなどの伝染病は鼻炎を特徴的な症状としてあらわすため、犬の鼻腔から出てくる鼻汁の細菌培養をしたり、レントゲン撮影で骨折や腫瘍の有無を確かめることもあります。


アレルギー検査などをおこなってアレルギー性のものなのかを調べる獣医師もいると思います。


人間同様に犬の鼻も空気を取り入れるための呼吸器の入り口だけに、鼻炎といえども全身症状によく注意をして治療をしていきます。
一般的には内科療法で処理できるものも多いですが、ネブライザー(吸入器)を使った治療や腫瘍、外傷に対する外科療法なども必要になることもあります。


<スポンサードリンク>



犬の主な呼吸器の病気

犬の鼻の病気
●鼻の粘膜が炎症をおこす【鼻炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●鼻炎を放置して鼻の奥まで炎症が広がる【副鼻腔炎】‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●ケガや血液の病気、感染症などが原因【鼻出血】‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の咽頭の病気
●口や鼻の内部の炎症がのどに広がる【咽頭炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の気管の病気
●主にウイルスや細菌の感染でひどい咳がでる【気管支炎】‥‥詳細を見る>>
●周囲の臓器の異常により気管が狭くなる【気管支狭窄】‥‥‥詳細を見る>>
●小型犬や短頭種の犬に多く気管がつぶれる【気管虚脱】‥‥‥詳細を見る>>

犬の肺の病気
●ウイルスや細菌感染により重い呼吸器の病【肺炎】‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●重量な働きをする肺胞がこわれ呼吸困難をおこす【肺気腫】‥詳細を見る>>
●肺の中に水がたまりむくみ呼吸困難をひきおこす【肺水腫】‥詳細を見る>>

犬の胸の病気
●ケガや肺炎によって胸の中に余分な空気がたまる【気胸】‥‥詳細を見る>>
●横隔膜が破れて臓器がはみ出る【横隔膜ヘルニア】‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●胸の内部をおおっている胸膜が炎症をおこす【胸膜炎】‥‥‥‥詳細を見る>>


サイト全体を見るなら‥‥‥サイトマップ>>










PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]