忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬の気管支狭窄(きかんしきょうさく)


<スポンサードリンク>



犬の気管また気管支が周囲の臓器などから圧迫を受けて、気管内部が狭くなってしまう病気を気管支狭窄といいます。


気管の内側や外側からの圧迫異物誤飲によることが多く、犬の咽頭から胸部に至る呼吸器系の炎症や腫瘍などによって、気管外側から圧迫されて狭窄する場合もあります。


特に異物などが気管に引っかかって起こる狭窄は注意が必要です。
小さな異物の場合なら気管も狭窄せずに呼吸困難などの症状も出ないですむこともありますが、異物が気管から気管支、さらには気管支から葉気管支へと肺の内部まで吸引されると、肺の部分障害を起こすことも考えられとても危険です。


病状のチェック

気管支狭窄の場合、症状が軽くても愛犬は咳をよくします。ゼーゼーとした呼吸音を伴ったり、いびきをかいたりすることもあります。
誤飲したものが大きかったり、内蔵の腫れなどで気管が狭窄している犬の場合は、ひどい呼吸困難におちいることもあります。
その場合、口の中の粘膜が酸素不足によるチアノーゼ(紫色に変色)という症状になることもあります。


食道や胸腔内のその他の臓器に腫瘍などができて気管が圧迫されるときは、吐き気を催したり、首の痛みなどの症状がでることもあります。


診断と治療

気管支狭窄と疑う症状であれば、X線検査をおこなって狭窄の原因を調べます。
犬の症状にようっては、造影剤を使用しての食道や気管の造影検査をすることもあります。


異物を飲み込んでしまった場合、異物が大きいものであればX線検査でわかるのですが、小さい場合にははっきりと映らないケースも多く、その場合は内視鏡気管支鏡を使用して直接肉眼で検査します。


こうした内視鏡検査の場合には、X線検査で見つからなかった小さな異物も、確認をしながら直接取り除くことができると同時に、狭窄の腫れや部位が調べることができます。
また、腫瘍なども直接検査することができます。


<スポンサードリンク>



犬の主な呼吸器の病気

犬の鼻の病気
●鼻の粘膜が炎症をおこす【鼻炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●鼻炎を放置して鼻の奥まで炎症が広がる【副鼻腔炎】‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●ケガや血液の病気、感染症などが原因【鼻出血】‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の咽頭の病気
●口や鼻の内部の炎症がのどに広がる【咽頭炎】‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の気管の病気
●主にウイルスや細菌の感染でひどい咳がでる【気管支炎】‥‥詳細を見る>>
●周囲の臓器の異常により気管が狭くなる【気管支狭窄】‥‥‥詳細を見る>>
●小型犬や短頭種の犬に多く気管がつぶれる【気管虚脱】‥‥‥詳細を見る>>

犬の肺の病気
●ウイルスや細菌感染により重い呼吸器の病【肺炎】‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●重量な働きをする肺胞がこわれ呼吸困難をおこす【肺気腫】‥詳細を見る>>
●肺の中に水がたまりむくみ呼吸困難をひきおこす【肺水腫】‥詳細を見る>>

犬の胸の病気
●ケガや肺炎によって胸の中に余分な空気がたまる【気胸】‥‥詳細を見る>>
●横隔膜が破れて臓器がはみ出る【横隔膜ヘルニア】‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●胸の内部をおおっている胸膜が炎症をおこす【胸膜炎】‥‥‥‥詳細を見る>>



トップページに戻る>>








PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]