忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬の前庭炎(ぜんていえん)


<スポンサードリンク>



inumimi.jpg犬の耳の鼓膜の奥にある前庭神経が炎症などをおこしてしまい、体のバランスが保てなくなる神経の病気を前庭炎といいます。


犬の耳の奥にある内耳神経がありその一部を前庭神経が司っているのですが、外耳でおこる何らかの炎症が前庭まで広がったり、耳にできた腫瘍によって前庭に炎症をきたすなど、まだまだはっきりとした原因がつかめていない病気です。


犬の前庭神経は体の平行感覚を司る神経で、ここに何らかの問題が発生することで体のバランスが保てなくなってしまいます。


病状のチェック

犬の前庭炎は突然あらわれることが多い病気です。
今まで普段と変わりなく生活していた犬が、突然に頭を横に傾けたり、かしげたりするようになります。


症状が重くなると、まっすぐに歩けなくなってしまうこともあり、くるくると回転するような動作をしたり、さらに重傷になると歩くことができなくなって倒れてしまうこともあります。
眼球が細かく震えるように動く眼球震盪(がんきゅうしんとう)の症状がでることもあります。

この病気は高齢犬や老犬になればなるほど多く見られる病気です。


診断と治療

病状に独特の特徴があるので、犬の現状の立ち振る舞いを見て判断できます。
前庭炎と判断された場合には、早急に副腎皮質ホルモン薬やビタミン剤を投与していきます。
この治療によって1週間程度で症状が治まるケースが多い病気です。


<スポンサードリンク>



犬の脳の主な病気

口から泡を吹いて倒れる「てんかん発作」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

けいれんをお越し、泡をふく「ジステンパーの障害」‥‥‥‥‥‥詳細を見る>> 

脳が圧迫されてさまざまな神経症状がでる「水頭症」‥‥‥‥‥‥詳細を見る>> 

脳に毒物が入ってしまう「肝性脳症」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

頭を強くぶつけておきる「外傷性の脳障害」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

よろけて動きがぎこちなくなる「小脳障害」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>


犬の神経の主な病気

カラダが麻痺して運動ができなくなる「椎間板ヘル‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

ぐるぐる回って、しまいには倒れてしまう「前庭炎‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

迷走神経に異常がおこり目に異常をきたす「ホーナー症候群」‥‥詳細を見る>>


●絶対おすすめ犬の薬のトップページはこちら ‥‥詳細を見る>>

トップページに戻る>>











PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]