忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬のホーナー症候群


<スポンサードリンク>



honnor.jpg犬の首の付け根部分から耳の近くを通っている迷走神経は、目の周囲の働きに関係する神経です。首の付け根部分にある椎間板や骨などが何らかの異常をきたすことによって、迷走神経に異常をおこして目が大きくくぼんだり、瞳孔がとても小さくなったり、第3眼瞼という目の縁の部分が大きく露出したり、まぶたが垂れてしまう(眼瞼下垂)のような症状を見せるときがあります。これを全般的にホーナー症候群と疑います。


また、椎間板異常だけでなく外耳炎や中耳炎によって神経が傷ついて炎症などをおこしておこる場合もあります。

目の病気じゃないかと思うことが多いのですが、首部分の神経の異常の場合が多いようです。


病状のチェック

犬のホーナー症候群の場合、目に異常があらわれます。縮瞳(しゅくどう)といって瞳孔部分が小さくなっていたり、第3眼瞼と言われる普段は目の縁にあって隠れている瞬膜(しゅんまく)が腫れて外に出てきたり、まぶたが普段より垂れてしまたりします。
両目がおかしくなることはまれで、大抵は片目に異常がおこります。痛みはないので犬のしぐさに異常は見られません。


診断と治療

犬の外耳、中耳の異常の有無を調べます。さらに、首部分の椎間板や骨の変化がないかを調べます。
首の神経に異常がある場合、前足の運動力の低下や失調が同時におこることも多いので所見で判断できることもあります。


治療法としては、障害の部位、程度によりますが内科治療を優先しておこないます。病状や症状によって治療には1ヶ月から数ヶ月程度かかるでしょう。
多くの場合は完治できる病気とされていますが、ホーナー症候群と診断された犬の飼い主は、病気の早期回復のために症状の出ている部位付近の軽いマッサージを心がけてみましょう。
どの部分をマッサージしたらよいのかは獣医師に相談してみてください。


<スポンサードリンク>



犬の脳の主な病気

口から泡を吹いて倒れる「てんかん発作」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

けいれんをお越し、泡をふく「ジステンパーの障害」‥‥‥‥‥‥詳細を見る>> 

脳が圧迫されてさまざまな神経症状がでる「水頭症」‥‥‥‥‥‥詳細を見る>> 

脳に毒物が入ってしまう「肝性脳症」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

頭を強くぶつけておきる「外傷性の脳障害」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

よろけて動きがぎこちなくなる「小脳障害」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>


犬の神経の主な病気

カラダが麻痺して運動ができなくなる「椎間板ヘル‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

ぐるぐる回って、しまいには倒れてしまう「前庭炎‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

迷走神経に異常がおこり目に異常をきたす「ホーナー症候群」‥‥詳細を見る>>


●絶対おすすめ犬の薬のトップページはこちら ‥‥詳細を見る>>

トップページに戻る>>











PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]