忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬の小脳障害(しょうのうしょうがい)


<スポンサードリンク>



犬が小脳に異常をきたすと動きがぎこちなくなったり、歩けなくなったり、よろけてしまうことがあります。


犬の小脳はスムーズな動きや正しい姿勢を保つために必要な器官です。
この小脳に異常がおきる病気を小脳障害といいます。


生まれつき小脳が未発達であるとか、細菌やウイルスに感染してしまったり、小脳に外傷がある時とか、極度の栄養失調、腫瘍におかされたりしておこります。


また、老化によって小脳が萎縮しておこることもあります。


病状のチェック

犬の小脳に障害がおきると、普段と違って動きがぎこちなくなります。
歩幅を一定にとることが難しくなるため、前脚を大きく前に出す姿勢になるようです。後脚のけり出しもスムーズではなくなります。


また、立つ時にカラダを均等に保つことができなくなるためによろけることが多くなります。
さらに、食べたり、立ったりと何か行動をおこそうとする時にカラダが震えるのも特徴です。


診断と治療

原則的には犬の行動を見て特徴的な運動異常から判断します。
その障害がウイルスや細菌によるものであれば感染症の治療を行いますが、
小脳の障害は完治させる治療法がないため、現状の生活を飼い主が十分なケアで守ってあげることが一番重要になります。


<スポンサードリンク>



犬の脳の主な病気

口から泡を吹いて倒れる「てんかん発作」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

けいれんをお越し、泡をふく「ジステンパーの障害」‥‥‥‥‥‥詳細を見る>> 

脳が圧迫されてさまざまな神経症状がでる「水頭症」‥‥‥‥‥‥詳細を見る>> 

脳に毒物が入ってしまう「肝性脳症」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

頭を強くぶつけておきる「外傷性の脳障害」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

よろけて動きがぎこちなくなる「小脳障害」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>


犬の神経の主な病気

カラダが麻痺して運動ができなくなる「椎間板ヘル‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

ぐるぐる回って、しまいには倒れてしまう「前庭炎‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

迷走神経に異常がおこり目に異常をきたす「ホーナー症候群」‥‥詳細を見る>>


●絶対おすすめ犬の薬のトップページはこちら ‥‥詳細を見る>>

トップページに戻る>>











PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]