忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬のがん(悪性腫瘍)


<スポンサードリンク>



dogcancer.jpg犬は人間と同様に常に規則的な細胞分裂をカラダの中でもたらしています。
でも、一部の細胞の遺伝子が傷ついてしまったり、異常な変化をしてしまうと通常の分裂作業が破られて異常に増殖してしまうのです。
その異常に増殖してしまった部分を私たちは腫瘍と呼びます。


腫瘍にも種類があって、ゆっくりと徐々に増えて行きその部分のみに増え続けていく腫瘍(肉の塊)のほとんどは良性の腫瘍と言われています。反面、増殖力が強く、増殖のスピードも早く、部分的な増殖ではなく他の部位に転移していく腫瘍を悪性の腫瘍を、私たちは「がん」と呼びます。


このがんは人間同様、犬にも猫にも、はたまたネズミや牛、馬などあらゆる動物に起こる大変困った病気の一つです。


医術も発達した現代ですが、なぜ「がん」が発生するのかは原因がさまざまであるため、コレだっ!っていうことが断定できません。
「がん」になる原因よりも、どうやってこの「がん」を軽減できるかを考えることが必然といえるでしょう。


犬ががんになりやすい原因

老化によるがんの発生率の増加
人間同様に獣医学の進歩によって、近年犬の寿命もかなり延びてきています。
延びることは飼い主にとっては喜ばしいことですが、反面ペットフードの進化や生活環境の変化が「がん」の伸び率を増加させているのも事実です。

化学物質の蔓延
大都会であればあるほど、タバコや汚れた大気に触れることが多くなります。それが自然発生的にがんを引き起こす発ガン性物質ではないかとされているのです。

紫外線や放射線
女性が悩む紫外線対策と同様に、犬も紫外線を多く浴びることは皮膚がんの原因とされています。また、福島原発問題のように放射線を通常以上に浴びてしまうことで皮膚がんになる可能性も少なくありません。

ウイルス
白血病や悪性リンパ腫などのがんは、ウイルスが原因で発生するのではないかと言われています。

ホルモンバランス
ホルモンバランスが異常になることで、乳がん・前立腺がん・肛門周りのがんになりやすくなるといわれています。

犬種による遺伝子
犬は人間によって家で飼うことができるようにするために近親交配などを繰り返して作られてきました。そのために犬種によっては「がん」になりやすい犬種ができるケースがあるようです。


もしかして「がん」じゃない?

取り越し苦労になるかもしれませんが、愛犬がこんな症状だったら、まさか「がん」ではないだろうか?と疑ってみてください。

●カラダが普段と違った変な臭い(イヤなニオイ)がする場合
●運動をしたがらない、散歩をいやがる、体力がなんかないみたいな場合
●カラダの一部分にあるこぶ状のものが気になるけど、そのこぶがなかなか治らなかったり、大きくなったりする場合。
●自分で引っ掻いたのか傷がなかなか治らなかったり、ただれてしまったりしてる場合。
●歩き方がおかしくなったり、足をひきずったり、カラダの一部が麻痺をする場合
●おしっこがでにくくなったり、しずらくなったり、呼吸がよく乱れる場合
●食べる時に食べ辛そうな感じがしたり、飲み込みにくそうに感じる場合
●普段と変わりないようだけどなんだか痩せて、体重も減っているような場合。
●ここのところ食欲が落ちている気がする場合
●口や鼻の穴、お尻の穴などから膿が出たり、血が出ている場合



<スポンサードリンク>



犬がかかりやすい主ながん(腫瘍)とは‥

乳腺腫瘍
犬のメスに多い腫瘍がこの乳腺腫瘍です。一般的には乳がんと呼ばれ、犬の乳房(乳腺)部分にできます。乳腺部分に「しこり」ができるのが乳腺腫瘍です。
皮膚や皮下の腫瘍
犬の皮膚の表面や皮下にできる腫瘍で、一般的にはしこりやコブのようなものができ、皮膚病や何かの傷なのかと見間違えることが多いのが特徴です。
口腔腫瘍
犬の口の中(口腔)の歯茎、舌や舌の裏、喉にしこりが発生し腫瘍となります。良性・悪性の腫瘍もしこり部分が大きく成長して口の中やあごの骨に広がります。
骨の腫瘍
犬が骨の腫瘍を発症すると、足をひきずるようにしてあるく跛行(はこう)状態になったり、腫瘍部分が成長して膨らみ足が腫れ上がったようになります。
内蔵・腹部の腫瘍
犬の腹部(内臓)の腫瘍は部位によってさまざまです。消化管、肝臓、すい臓、脾臓、腎臓、卵巣、胃、腸、子宮、膀胱など内臓のありとあらゆる部位に腫瘍はできます。
悪性リンパ腫
一般的には、「あごの下」「脇の下」「股の付け根」「胸腔」「腹腔」とカラダのいたるところで発症します。あごや脇などが膨らんできます。


がんの予防と抑制が期待できるサプリメント

健康な尿路と口内を維持し、抗発癌性、抗バクテリア、抗炎症のサプリメントです。
オーガニック認定を受けたブルーベリー、クランベリー、ラズベリーからできているクラニマルズ。これらの果物に含まれるポリフェノールには抗がん、抗血管 新生、抗炎症、抗バクテリア、抗ウイルスの特性を持っています。グランベリーとブルーベリーに含まれるアントシアニジンは健康な尿路と口内を維持し、ラズベリーに特に豊富に含まれるエラジタンニンは様々ながん細胞を破壊することが実証されています。ベリーベリーは天然の酸化防止剤の相乗作用により、フリー ラジカルと呼ばれている有害な活性酸素の暴走を抑え健康的なレベルを維持します。

クラニマルズ ベリーベリーサプリメント 120g
POCHI価格 4,320円 ‥‥詳細を見る>>


※為替レートの変動などで掲載している価格は目安として判断してください。
適正な価格は各商品ページでご確認ください。また、パッケージデザインなどの変更があることもご了承ください。



●絶対おすすめ犬の薬のトップページはこちら ‥‥詳細を見る>>


トップページに戻る>>











PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]