忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬の外傷性の脳の異常


<スポンサードリンク>



交通事故や高所からの転落などで犬が頭部を強くぶつけたりした際に、脳の一部が損傷を受けることからおこる外傷性の脳の異常があります。


頭を強くうったり、頭部に何かが刺さったりして脳が損傷を受けることで、脳内に出血や浮腫ができたり、血液の循環をさえぎってしまったりして脳に適正な酸素や栄養が行かなくなってしまったり、ウイルスや細菌に感染したり、脳圧が異常に高まったりします。


病状のチェック

交通事故や高所などから落ちたり、走っていて窪みなどにあしを取られて大きな転倒をしたりして頭部を強く打ってしまったような場合、犬は出来事のショックから興奮して慌てた動作をすると思います。
事故があった時点で動かない場合には緊急性が高いのですが、時間が少しずつ経過した時が怖いんです。


損傷を受けた場所によって症状もさまざまですが、特に昏睡やけいれん、ものが見えにくくなる視覚障害、歩き方がぎこちなくなったり歩けなくなる歩行障害や運動機能障害が発生します。


このような症状が出ている場合は、犬のカラダや頭を動かないようにして絶対安静にしてください。そして獣医師に連絡をして指示をあおぎましょう。また、病院に連れて行くより往診にきてもらうことをすすめます。


診断と治療

X線検査、血液検査、神経の機能検査をおこなって総合的な判断をします。
検査することによって、より悪化する場合もあるので慎重を要します。


往診などで判断できるのは触診と所見、その事故の程度を飼い主から聞いて判断しますが、どうしても病院に連れて行く必要がある場合には、そっと抱いて頭部を極力動かさないように最善を努めてください。


<スポンサードリンク>



犬の脳の主な病気

口から泡を吹いて倒れる「てんかん発作」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

けいれんをお越し、泡をふく「ジステンパーの障害」‥‥‥‥‥‥詳細を見る>> 

脳が圧迫されてさまざまな神経症状がでる「水頭症」‥‥‥‥‥‥詳細を見る>> 

脳に毒物が入ってしまう「肝性脳症」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

頭を強くぶつけておきる「外傷性の脳障害」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

よろけて動きがぎこちなくなる「小脳障害」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>


犬の神経の主な病気

カラダが麻痺して運動ができなくなる「椎間板ヘル‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

ぐるぐる回って、しまいには倒れてしまう「前庭炎‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

迷走神経に異常がおこり目に異常をきたす「ホーナー症候群」‥‥詳細を見る>>


●絶対おすすめ犬の薬のトップページはこちら ‥‥詳細を見る>>

トップページに戻る>>











PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]