忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬の前立腺肥大(ぜんりつせんひだい)


<スポンサードリンク>



犬の前立腺肥大は特に高齢・老犬に多く見られる病気のひとつです。
症状がこれといってなくても老犬になれば半数の犬が、この前立腺肥大になっているといってもいいほどらしいです。


犬の前立腺が年齢を加えるごとにゆっくりと肥大していきます。これは精巣の働きが衰え、精巣ホルモンが正常に分泌されなくなることが原因とされています。

病状のチェック

肥大するときに特に病気という症状を表さないので見た目に普段と同じ生活をしています。
ただ、肥大の大きさにもよりますが大きくなって隣合わせになっている内臓、とくに腸や膀胱、尿道などを圧迫することになると、便秘をよくするようになったり、少量の便を頻繁にするようになることがあります。
また、尿道を圧迫することでおしっこがしずらくなることもあるようです。


診断と治療

前立腺肥大と判断した場合、軽い症状であれば精巣ホルモンの働きを抑制するホルモン剤の投与などの対症療法と食餌療法をおこないます。
しかし、かなり肥大している場合にはホルモン剤投与では100%の効果は期待できないのが現状で投与をやめれば再発することはさけられません。
そのために前立腺の摘出手術をおこないます。


ただ、前立腺周辺には膀胱や尿道の排尿機能にかかわる神経や血管があるために手術自体の難易度も高い、リスクをともなうために手術がうまくいったとしても術後の合併症にかかるリスクも高いといえます。


また、肥大が要因で腫瘍化することも考えられるので、獣医師の多くが肥大する前の去勢手術をすすめているようです。
高齢犬になる前に去勢することにより前立腺肥大になる確率をかなり低くすることができるからです。


<スポンサードリンク>



生殖器の主な病気

メス犬のかかる病気
子宮に膿がたまりお腹がふくれる「子宮蓄膿症」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
乳腺部分にしこりができて熱をもつ「乳腺炎」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
赤く腫れたり、はみ出てしまう「膣の病気」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

オス犬のかかる病気
睾丸がふくらんでしまう「精巣腫瘍」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
ペニスの先から膿がでる「包皮炎」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
老犬に多く、痛みがはげしいこともある「前立腺炎」‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
大きくなると他の臓器を圧迫する「前立腺肥大」‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
尿がにごって血が混じる「前立腺膿瘍」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>



●感染症におすすめのの犬の薬のページはこちら ‥‥詳細を見る>>

●絶対おすすめ犬の薬のトップページはこちら ‥‥詳細を見る>>

トップページに戻る>>











PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]