忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。


犬の心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)


<スポンサードリンク>



愛犬の心臓にある2つの心房の間にある壁に問題があり、穴があいてつながってしまっている病気です。


犬にとって、先天性の心臓病の中では比較的に多い病気のひとつです。
そのままでも重大な病気にならずに一生を全うすることが多いのですが、フィラリア症に感染すると大きな問題になる病気です。


病状のチェック

愛犬はこれといって症状がでる病気ではないので、外見からはわかりずらいのが特徴です。
運動などをして軽い呼吸困難などに陥ることもありますが、臨床的にはなんら問題もないのがこの病気です。


心臓の右心房と左心房の間にある壁を中隔といいますが、その中隔に穴があいている症状をいいます。正式名称は卵円孔(らんえんこう)といい、胎児の状態ではあたりまえのように開いているものなのですが、生まれたあとには完全に閉じて中隔となって形成しますが、心房中隔欠損症の場合は生後になってもその孔が残ってしまうのです。


愛犬にとって心房中隔以外が正常ならば、血液の流れなどに異常をきたさないことが多く、大きな心臓疾患や障害にならないことが多いようです。


診断と治療法

聴診、X線検査、超音波診断心電図などによって異常を見つけることができます。

愛犬にこれといって症状が見られない場合は、これといった治療を施すことは必要ではありません。
ただ、心房中隔欠損症をもつ犬がフィラリアに寄生された場合には問題があります。


寄生したフィラリアが卵円孔(らんえんこう)を通じて右心房から左心房にまで移動をして、大きな問題を発生する確立が高くなるのです。愛犬には確実にフィラリアを予防・除去する必要があります。


●フィラリア予防におすすめのジェネリック薬‥‥詳細を見る>>



<スポンサードリンク>



犬の心臓の主な病気

心臓が原因として考えられる犬の病気
◆フィラリアが心臓に寄生する「フィラリア症」‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
◆々な原因が引き起こす「心不全」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
◆心臓にあるそうぼう弁が閉まらない「僧帽弁閉鎖不全」‥‥詳細を見る>>

先天性の犬の心臓の病気
◆生まれつき壁に孔があいている「心房中隔欠損症」‥‥‥‥‥詳細を見る>>
◆心室の壁に孔があいている「心室中隔欠損症」‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
◆動脈が閉じない「動脈管開存症」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
◆肺に十分な血液を送れない「肺動脈狭窄症」‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
◆4つの異常がもたらす「ファロー四徴症」‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の血液の病気
◆赤血球を破壊する「溶血性貧血」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>


●絶対おすすめ犬の薬のトップページはこちら ‥‥詳細を見る>>

トップページに戻る>>











PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]