忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。


犬の動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)


<スポンサードリンク>



この動脈管開存症は犬にとって生まれてまもなく閉じるはずの動脈が、成長をしても開いたままになってしまう症状の先天性の心臓病です。


本来はお腹の中にいる間は正常に通じており、出生後まもなく自然に閉じるもので、肺動脈と胸部大動脈をバイパスする動脈管(ボタロー管)といわるものです。その動脈管が出生後、成長してもなお閉じないでそのまま残ってしまうために起こる症状です。


大動脈の血圧は肺動脈より高いため、閉じない動脈管を余分な血液が流れてしまい肺を通って左心房にまで入り込んでしまうため、左心房と左心室に余分な負担をかけることになり、愛犬にとってさまざまな症状をおこします。


病状のチェック

動脈管の大きさにもよりますが軽い症状の場合は、5〜6歳になるころまで無症状の犬が多いようで、健常犬と変わらない生活を送ります。
しかし、次第に呼吸困難の症状が現れたり、極端な運動低下貧血症状など心不全の症状が見られる場合もあります。


動脈管異常の重い場合には、生後1〜2ヶ月という赤ちゃんのうちに重篤な呼吸困難動かなくなるなどの運動機能の消失、さらに食欲不振をおこして大切な成長期を妨げてしまい死亡することもある病気です。


診断と治療法

愛犬の診断は聴診器を当てた際の特徴的な心雑音を聞き取ることでわかります。
その診断の結果、胸部のX線検査超音波検査をして詳細を確認します。


犬の症状によりますが、心臓手術という外科的療法で治療をすることになるケースがあります。しかし、病状や年齢など、犬の健康状態によっては手術の危険性や手術をしても完治が難しいなどが考慮されることになります。

愛犬にとって病状を軽減するための対処療法と内科療法を併用して治療をおこないます。


<スポンサードリンク>



犬の心臓の主な病気

心臓が原因として考えられる犬の病気
◆フィラリアが心臓に寄生する「フィラリア症」‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
◆々な原因が引き起こす「心不全」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
◆心臓にあるそうぼう弁が閉まらない「僧帽弁閉鎖不全」‥‥詳細を見る>>

先天性の犬の心臓の病気
◆生まれつき壁に孔があいている「心房中隔欠損症」‥‥‥‥‥詳細を見る>>
◆心室の壁に孔があいている「心室中隔欠損症」‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
◆動脈が閉じない「動脈管開存症」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
◆肺に十分な血液を送れない「肺動脈狭窄症」‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
◆4つの異常がもたらす「ファロー四徴症」‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の血液の病気
◆赤血球を破壊する「溶血性貧血」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>



犬の心臓病におすすめの治療薬

身体の酸素供給を増加させ、心臓血管機能や神経系を改善します。
ビビトニンは、犬の老化現象を軽減するのに大いに役立ちます。ビビトニン錠剤には主成分としてプロペントフィリンが含まれています。プロペントフィリンは、犬の身体のさまざまな部位の血管を拡張させ、血液の粘度を下げます。これにより脳、心臓、骨格筋などの器官への血流が改善・増加します。また気管支拡張効果もあり、酸素摂取量も増えます。ビビトニンは老犬のだるさや無気力を軽減し、その様子を改善します。
有効成分:プロペントフィリン メーカー:Intervet/Schering-Plough Animal Health


ビビトニン(Vivitonin) 60錠 
50mg うさパラ価格 3,897円 ‥‥詳細を見る>>
100mg うさパラ価格 5,642円 ‥‥詳細を見る>>


うっ血性心疾患をコントロールするために用いられます。心臓のポンプをより効率よくさせるものです。
充血性(うっ血性)心疾患の緩和に。心臓への血液の流動力の改善に。血管拡張薬と強心薬という二重の活性剤としての役割を持ちます。ヴェドメディンのジェネリックなのでお手頃価格です
有効成分:ピモベンダン メーカー:サバ ファーマ(ヴェリタスファーマ)


セーフハート(SafeHeart) 30錠
●1.25mg Petくすり価格 2,989円 ‥‥詳細を見る>>
●5mg Petくすり価格 4,189円 ‥‥詳細を見る>>

※為替レートの変動などで掲載している価格は目安として判断してください。
適正な価格は各商品ページでご確認ください。また、パッケージデザインなどの変更があることもご了承ください。


●もっとあります犬の心臓病におすすめの医薬品!‥‥‥詳細を見る>>
●絶対おすすめ犬の薬のトップページはこちら ‥‥詳細を見る>>

トップページに戻る>>











PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]