忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。


犬のフィラリア症


<スポンサードリンク>



フィラリア フィラフィア症は、犬の心臓病にとって一番の代表格といっていい病気です。
フィラリアという寄生虫が心臓の中に寄生して発症する心臓の病気で、春から秋にかけて発生するアカイエカ(蚊)などが媒介し、さらに犬から犬へと感染していく病気です。


フィラリアの成虫は犬の心臓の中に寄生します。ミクロフィラリアと称される子虫を蚊が吸血すると同時に吸い込み、蚊の体内で発育していきます。ある程度発育したミクロフィラリアが、ターゲットとなる犬に吸血した瞬間にその犬に感染するわけです。
感染した子虫は2〜3ヶ月は皮膚下や筋肉、脂肪組織の中で徐々に発育して、血管から心臓へと侵入します。さらに3ヶ月くらいで成虫に成長していきます。


成虫の体長は約20cmほどの細長いそうめんのような糸状で、右心室あと肺動脈周辺に寄生して、血液の流れを邪魔するようになり、自然に右心室に余分な負担を与えるようになって、やがては心不全を起こしてしまう結果になるわけです。


急性のフィラリア症は、フィラリアが寄生している右心室を超えて右心房にまで広がることによって、心房と心室の間にある三尖弁(さんせんべん)が上手に閉まらなくなって閉鎖不全をおこし、重篤な症状をひこおこします。


病状のチェック

一般的にはフィラリア症は感染してから発症するまで数年かけて徐々に症状があらわれる心臓の病気です。


軽い症状だと、まず軽い咳がときどき出るだけで、とくに愛犬の様子がおかしく感じないものです。でも、病状が進行して慢性化していくと、咳もだんだん重いものになっていき、比例して咳の時間も長くなります。


前足をふんばってモノを吐くような姿勢で下を向いて空咳をします。
咳の刺激から嘔吐をしたり喀血することもあります。
このような状態を目の当たりにしたら要注意です。しっかり愛犬の状態を観察してください。


咳以外で注意するのは、腹部に水が溜まる腹水でしょう。
腹水がたまり始めると愛犬はちょっと太ったようにしか感じません。愛犬も苦しいようなしぐさもしないので見逃しがちになってしまいますが、多量の水が溜まると腹部はパンパンに張ってくるので、愛犬の動きもおっくうな動きになってきます。
腹部や胸部を圧迫されているので食欲をなくしたり、呼吸が荒くなってきます。


問題は一時的な処理をしても、慢性化したフィラリアは病状を徐々に進行させて肝臓や腎臓などへの臓器への異常をきたして、やがては死に至ることも少なくないんです。


恐ろしいのは急性のフィラリア症でしょう。病状としては突然の激しい呼吸困難と運動低下で、愛犬はあえぐような呼吸をして、動くこと自体いやがるようになります。茶色や濃い血のような色のおしっこをすることもあるので、尿などの色はしっかり確認してあげてください。
このような症状がでた場合は、緊急手術が必要になり、病状もかなり進んでいると考えた方がよいでしょう。


診断と治療法、そして予防法

フィラリア症の診断方法としては前述したような症状を観察する方法もありますが、確実な診断は血液検査をおすすめします。
血液を採取して血液中のミクロフィリアを顕微鏡で確認する方法とフィラリアの抗体を検査する診断法が一般的です。


慢性のフィラリア症の場合、薬の投与で咳を抑えたり、腹水を溜まりにくくする内科的対処療法がメインになります。つまり犬種や年齢、体質などによってフィラリアの駆除が完璧にできない場合には、ミクロフィリアが心臓に寄生していても副作用がでない程度の予防処理で様子を見ることもあります。


急性のフィラリア症の場合は、緊急手術によって心臓内部からフィラリアを摘出することになります。でも手術に間に合わないほど重い場合も多く、かなりの危険と隣り合わせなことは覚悟しておかなければならないケースです。


予防法として確率されているのは、蚊の出回るシーズン(だいたい4月上旬〜11月下旬)に月に一度飲ませるタイプが主流になっていますが、フィラリア症に感染している愛犬に与えると副作用などを起こすこともあり、あくまでもフィラリア症に感染していない場合の予防薬となります。


うちの場合は、春に狂犬病予防注射を受ける際にフィラリア症の血液検査と予防薬を獣医さんで購入していましたが、今ではジェネリック医薬品が安くて安心・安全なので獣医師と相談して、比較的安いくすりを購入しています。


病院よりもぐ〜んとお得なおすすめフィラリア予防薬は‥‥詳細を見る>>


<スポンサードリンク>



犬の心臓の主な病気

心臓が原因として考えられる犬の病気
◆フィラリアが心臓に寄生する「フィラリア症」‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
◆々な原因が引き起こす「心不全」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
◆心臓にあるそうぼう弁が閉まらない「僧帽弁閉鎖不全」‥‥詳細を見る>>

先天性の犬の心臓の病気
◆生まれつき壁に孔があいている「心房中隔欠損症」‥‥‥‥‥詳細を見る>>
◆心室の壁に孔があいている「心室中隔欠損症」‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
◆動脈が閉じない「動脈管開存症」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
◆肺に十分な血液を送れない「肺動脈狭窄症」‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
◆4つの異常がもたらす「ファロー四徴症」‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の血液の病気
◆赤血球を破壊する「溶血性貧血」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>


トップページに戻る>>









PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]