忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬の膝蓋骨の脱臼


<スポンサードリンク>



patela.jpgひざの関節にあるお皿(膝蓋骨)がずれてしまう病気です。
先天性や後天性など犬種によって起こりやすくなるようです。


膝蓋骨の脱臼になりやすいとされている先天性の犬種には、トイプードル、ポメラニアン、ヨークシャーテリア、チワワ、マルチーズなどの小型犬に多く、膝蓋骨の亜脱臼(完全にずれずに部分的にずれている)が見られます。


病状のチェック

膝蓋骨の脱臼の場合、骨が内側にずれてしまう内方脱臼と、外側にずれてしまう外方脱臼に分けられます。


主な症状としては、脱臼を起こすとともに痛み・腫れ・跛行(足を引きずったり、持ち上げたり)します。
ひざから下の部分が内側に回転する内方脱臼とひざから下が外側に回転する外方脱臼があり、それぞれ4つの段階に分けています。
自分で直してしまう小型犬に多い亜脱臼から膝蓋骨が動かなくなって足を曲げて、地面に着けないで上げて歩くようなものまでをグレード1から4に分けています。


診断と治療

ひどい脱臼は外見から簡単に見当がつきますが、歩き方の観察から初め、立った状態での触診、脱臼した箇所を上にして横に寝かせて丁寧に触診、さらに2方向以上からのX線検査を行って脱臼の程度を把握します。


膝蓋骨の脱臼の場合、症状と年齢を考慮して手術治療に成る場合が多いです。
脱臼のグレードが3〜4の状態の幼犬の場合などは、特別な理由がない限り手術を遅らせないほうがいいでしょう。
成長期の犬の場合、加齢とともに患部に激しい変形が生じてしまうからです。遅れれば遅れるほどその後の処置が困難になっていくからです。


<スポンサードリンク>



犬の骨の主な病気

●大半の原因は事故による「骨折」‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●関節の骨が正常な位置からずれる「脱臼」‥‥‥‥詳細を見る>>
●後脚の付け根の関節がずれる「股関節の脱臼」‥‥詳細を見る>>
●ひざの関節の皿がずれる「膝蓋骨の脱臼」‥‥‥‥詳細を見る>>

トップページに戻る>>










PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]