忍者ブログ
HOME Admin Write

犬の病気 逆引き辞典

愛犬の様子がなんだか変?病気になっているんじゃないか?そんな心配を愛犬の症状で、どんな病気になりやすいのかを知る事ができるサイトとして立ち上げました。

犬の細菌性腸炎


<スポンサードリンク>



犬の細菌性腸炎は、細菌の感染によっておこる腸の粘膜の炎症です。
原因となる細菌もいろいろあって、サルモネラ菌やカンピロバクター菌などが主な原因になるようです。


感染はこれらの細菌に汚染された食べ物や水などを口にすることで、経口的におこります。口から入った菌体は腸の中で増殖して、腸の粘膜の内部に侵入したり毒素を産出して腸をおかしていきます。


複数頭の幼犬が汚い場所で飼育されているとしばしば発生します。
また、健康状態があまりよくない犬や手術や輸送などストレスが加わっている成犬も発症しやすくなります。


病状のチェック

犬の細菌性腸炎の症状は、原因となる病原菌の種類、急性なのか慢性なのか、炎症をおこしている部位などで違いますが、いずれも下痢がみられます。
便の状態は軟便、水のような便、血液の混じった血便といろいろです。


下痢が激しい場合には、短時間で脱水状態になります。犬は元気がなくなり食事も食べなくなります。腸の働きがはげしいためにお腹が鳴る、腹痛がおきるなど病原菌の種類にとわずに共通した症状がでます。


成犬の発症に比べて幼犬の場合には、急性ではげしくあらわれ死亡することもあります。


診断と治療、予防法

診察する上で病原菌の種類を特定することは動物病院ではできません。
原因菌の検査材料として下痢便を採取します。そして抗菌薬として抗生物質を投与して病状の経過を観察します。病状が好転すれば細菌性腸炎を疑うことになります。


下痢便を培地で培養して細菌を分離する感受性試験をおこなって、原因菌を特定してもっとも有効な抗生物質を選びます。
抗生物質としては、クロラムフェニコール、カナマイシン、ゲンタマイシンなどが有効のようです。
脱水症状をおこしていれば輸液もおこないます。同時に腸粘膜の保護剤も使うことになります。


健康な犬でも約1割の犬が原因となる細菌を保菌しています。そのため体調や体力が低下すると発病することもあります。
犬舎やその周辺が便で汚れたり、使用した食器類は熱湯や消毒薬で消毒して常に清潔な環境を保ってください。
犬だけでなく人にも感染するので、特に子供のいる家庭では下痢便の扱いには注意してください。


犬の細菌性腸炎におすすめの医薬品


愛犬のために常備しておきたい感染症治療薬です。
グラム陽性菌、陰性菌にかかわらず、高い抗菌力を示すスペクトルの広いペニシリン系の抗生物質です。細菌の外側にある細胞壁の合成を阻害して細菌を殺し、感染を治療する薬剤です。中耳炎、扁桃腺、副鼻腔炎、肺炎、細菌性腸炎、肛門腺炎、尿道炎、膀胱炎、腎盂腎炎、子宮内膜炎、子宮蓄膿症、乳腺炎と多くの感染症の治療に有効とされています。体重1kg当たりアモキシシリンとして1回量10~20mg(0.04~0.08錠)を1日2回 5日間経口投与します。
有効成分:アモキシリン250mg メーカー:Kent Pharmaceuticals Ltd

アモキシシリン 250mg 21錠
うさパラ価格 1,267円‥‥詳細を見る>>

            買えば買うほどお得なセット購入!

2箱 うさパラ価格 1,698円‥‥詳細を見る>>
(1箱あたり849円とお得)

※為替レートの変動などで掲載している価格は目安として判断してください。
適正な価格は各商品ページでご確認ください。また、パッケージデザインなどの変更があることもご了承ください。



<スポンサードリンク>



犬の主なウイルス・細菌感染症

ウイルス感染症
●犬も人も発病したら致命的な伝染病「狂犬病」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●有効な治療薬がなく死亡率が高い「ジステンパー」‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●はげしい嘔吐と血液のような下痢症状「パルボウイルス性腸炎」‥‥詳細を見る>>
●経口感染が多く激しい嘔吐と下痢症状「コロナウイルス性腸炎」‥‥詳細を見る>>
●1歳未満の子犬が感染率が高い「イヌ伝染性肝炎」‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●がんこな咳がでる呼吸器の感染症「ケンネルコフ」‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●誕生まもない子犬がかかりやすい「イヌヘルペス感染症」‥‥‥‥‥詳細を見る>>

細菌感染症
●人間にも感染する重大な病気「レプトスピラ症」‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●生殖器をおかしてしまう「ブルセラ症」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●発症すると5日以内には死亡する「破傷風」‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>
●水っぽい下痢や血が混じった下痢「細菌性腸炎」‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>

犬の感染症を予防するワクチン接種‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥詳細を見る>>


トップページに戻る>>











PR

ブログ内検索


スポンサーサイト

ランキング

ブログランキングに参加しています。 できればポチッとクリックしてください。 ブログづくりの励みになります。 よろしくお願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

アクセス解析

Copyright ©  -- 犬の病気 逆引き辞典 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]